読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日商簿記3級 NO4

仕訳とは・・・取引を記録すると書きましたが、日記のように書いていたら見づらいですし、分かりにくいので、簿記では用語(勘定科目)と金額で記録します。この事を仕訳といいます。

例)商品100円を買い、現金で支払った、という取引の仕訳は

  (商 品)100 (現金)100 となります。

注)ここでは分記法(詳細は後述)で仕訳しています。

ここで注目なのは、左側と右側に勘定科目と金額が記入されていることです。これは仕訳には一つの取引を2つに分けて記入するというルールがあるからです。

商品を買った時、商品は増えますが、お金を払っているので現金は減ります。なので、仕訳をする時は、「商品を買ってきた」という一つの仕訳を「商品が増えた」と「現金が減った」と2つに分けて記録するのです。

ではなぜ、仕訳の左側に商品、右側に現金が記入されるのでしょうか。次回、仕訳のルールその②を書きたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

超スピード合格!日商簿記3級テキスト&問題集第4版 [ 南伸一 ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2016/11/23時点)