読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日商簿記3級 NO2

まず簿記の勉強を始める前に、試験データを見てみたいと思います。商工会議所のHPに詳しく載っていますから、簡潔にすると、3級はかなり合格率にムラがあるという事が分かります。過去8回分の中で最低は約26%、最高は54%と倍も違うことがあります。それにはいくつかの要因があると思いますが、試験自体の難易度が回によって違うので、難しい回は合格率が低く、逆は高いということが昔からありました。こればかりは受ける回によっての運なので、どうしようもないですが、そもそも、3級は100点中70点以上を取れれば合格になるので、十分に勉強すれば関係ないとも言えます。

下の画像は配点と傾向ですが、3級は配点が決まっていて、また出題箇所も第1問なら仕訳が5問出て、1問4点で×5問で20点と公表されています。なので、対策がしやすく、答えが正解なら必ず点数がもらえる絶対的試験なので、全体を考えると第1問の仕訳問題は少なくとも3問から4問は正解したいところです。第2問以降は詳しくは画像を見て頂いたらと思うので、割愛しますが、こうゆう風に取れる箇所で取りこぼさず、対策をしていく事が重要になります。

簿記の中身については次回以降に書かせて頂きますが、まずはどうゆう試験なのかを知る事が何よりも大事だと思うので、漠然としたイメージだけでも持ってもらえたらなと思います。

最後に、過去に人に教えた経験はありますが、現役の先生とかではなく、あくまで試験は独学で取得したので、我流になる部分も多々あると思いますが、ご了承下さい。

f:id:shibakenna:20161121134453j:plain

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スッキリわかる日商簿記3級第7版 [ 滝澤ななみ ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2016/11/21時点)